プレートやマグニチュードなどについて演習

プレートについて学業しました。プレートの沈みこむ所に海溝があり、海溝に平行して火山がならび、震源が分布しています。震源の深さは日本海脇ほど奥深いだ。次は、地層についてだ。離れた2地域の地層をきっかけ階層により、同一の地層と決められます。真新しい地層は、水を多数含むやわらかい粘土の階層だ。次は、マグニチュードについてだ。マグニチュード(M)が大きいほど、遠くまでゆれが伝わります。震源にほど近い地域ほど、滑り出し微動入手暇(P-Sケース)が少ないだ。大地震でも、はげしいゆれは1当たり後半だ。ちっちゃい地震でも震央四方は深くゆれます。レベルの大きい地震ほど遠くまで感じられます。地震の高熱は、マグニチュード(M)が0.1大きくなると高熱は約1.4ダブル、Mが1大きくなると高熱は約32倍になります。関東大地震のときの東西と南北コースのゆれの成績を合成して示します。実際には、コイツに上下コースの約1cmの活動がかかります。知らないことを勉強して良かったです。http://www.imacsindonesia.com/musee-jizensyori.html